歯周病

その症状は歯周病を疑いましょう

その症状は歯周病を疑いましょう

歯周病は、お口の中に残る食べカスによってできるプラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が、歯を支える顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていく病気。歯ぐきの炎症や出血から始まり、悪化すれば歯が抜け落ちてしまうこともあります。日本人の成人の約8割が、かかっている、もしくは予備軍であるといわれており、どなたにとっても注意が必要です。

その症状は歯周病を疑いましょう

こちらでは練馬区の歯医者「大泉学園三丁目歯科」が、歯周病のこと、またその治療についてくわしくご紹介します。歯周病の治療は早めが肝心です。大切な歯を守るために、早期の対処を心がけましょう。

歯周病の代表的な症状

歯周病の代表的な症状

歯周病は初期に痛みなどの目立った症状がなく、自分では気づきにくい病気です。こちらでは、歯周病の代表的な症状をご紹介します。あなたは大丈夫ですか? 一度チェックしてみましょう。

歯ぐきが赤く腫れている
ブラッシングすると歯ぐきから血が出る
冷たい物がしみる
温かいものがしみる
食べ物が歯にはさまりやすくなった
歯ぐきがブヨブヨしている
朝起きたとき口の中がネバつく
歯が浮いたような感覚がある
口臭を指摘されるようになった
咬むと痛みがある
歯ぐきから膿が出る

上記に当てはまる症状があれば、歯周病にかかっている可能性があります。できるだけ早く、当院までご相談ください。

歯周病は歯を失う確率が一番高い病気です

歯周病は歯を失う確率が一番高い病気です

平成17年の、財団法人8020推進財団による「永久歯の抜歯原因調査報告書」によると、歯を失う原因として、歯周病は41.8%を占め、虫歯よりも多いという結果が出ています。

また、平成23年に厚生労働省が20歳以上の国民に対して行った「歯科疾患実態調査」によると、初期の歯周病「歯肉炎」とそれ以降の「歯周炎」の有病者率は、77.3%という数値が出ています。この結果から、実に成人の8割近くが歯周病患者であるということが確認されました。

つまり多くの日本人が、歯を失う確率が一番高い歯周病にかかっているというのが現実です。もはや人ごとではないことを理解し、早期発見・早期治療に努めましょう。

歯を失わないための治療方法

歯周病は、初期のものを歯肉炎、それ以降のものが歯周炎と分類されます。治療は、進行段階に適した方法を用いて行います。

歯肉炎・軽度歯周炎
状態 治療法
状態
【スケーリング】
【スケーリング】
【ブラッシング指導】
【ブラッシング指導】
歯ぐきに軽く炎症が起き、歯周ポケットができ始めています。ブラッシングすると出血することがありますが、痛みはまだない段階です。 ブラッシングでは落とせない、歯周ポケットに入り込んだプラークや歯石を、スケーラーという器具を使って徹底的に取り除きます。 歯周病治療の基本となるのが、正しいブラッシングです。そこで歯科衛生士が、正しいみがき方を丁寧に指導します。
中等度歯周炎
状態 治療法
状態
【ルートプレーニング】
【ルートプレーニング】
【フラップ手術】
【フラップ手術】
歯ぐきの炎症が増し、歯周ポケットが深くなります。顎の骨が溶かされ始め、出血や腫れに加えて口臭も現れ、歯がグラつき出します。 歯周ポケットの奥のプラークや歯石を、キュレットという器具で徹底的に取り除きます。最後に歯根面をなめらかにみがき上げ、汚れの再付着を防ぎます。 麻酔を施したうえで歯肉を切開し、歯根の先までにこびりついたプラークや歯石、また感染した歯肉組織も取り除きます。最後に歯ぐきを縫合して終了です。
重度歯周炎
状態 治療法
状態
【GTR法】
【GTR法】
【エムドゲイン法】
【エムドゲイン法】
顎の骨がさらに溶かされ、歯は大きくグラグラします。膿が出て口臭が増し、痛みも強くなります。これを放置すれば、歯は抜け落ちてしまうことに。 歯周病菌によって溶かされてしまった顎の骨を再生させる治療法。メンブレンという特殊な膜を入れて歯肉との間にスペースを確保し、再生を促します。再生後、膜は取り除きます。 同じく顎の骨を再生させる治療法。エムドゲインゲルという薬剤を入れてスペースを確保し、再生を促します。GTR法と異なり、取り除く必要はありません。
~治療後のメインテナンスが歯周病の再発を防ぎます~

~治療後のメインテナンスが歯周病の再発を防ぎます~

歯周病の原因は、プラークに棲む歯周病菌。治療によって一旦状態が改善されても、プラークが溜まれば、歯周病は再発してしまいます。そこで大切になるのが、治療後のメインテナンスの継続です。毎日の正しいブラッシングに加え歯科医院で定期検診を受け、専門的な予防処置を継続することが必要です。

当院では一人ひとりのお口の状態に合わせ、定期検診の日程を設定してご案内しています。歯周病の再発を防ぎ、歯を守っていくためにきちんと通院しましょう。

大泉学園三丁目歯科への ご予約はこちらから