小児歯科・小児矯正

早いうちから歯医者に通う習慣をつけましょう

早いうちから歯医者に通う習慣をつけましょう

子どもの歯やお口の環境は、大人とは異なった性質を持っており、歯科においても子どもに特化した診療を行う必要があります。そのため、乳歯から永久歯へ生え替わる12歳ころまでのお子さんは、小児歯科にお連れください。

こちらのページでは、練馬区の歯医者「大泉学園三丁目歯科」の小児歯科についてご紹介します。乳歯の健康は永久歯への健やかな生え替わりを支えるという重要な役割があります。小さなころから歯医者に通う習慣をつけ、虫歯ゼロを目指しましょう。

歯医者嫌いにさせないために

お子さんは、一度歯医者苦手に感じてしまうと、通院さえ難しくなってしまいます。お子さんを虫歯嫌いにさせいために、親御さんにも次のことにご協力いただければと思います。

歯医者へ行く前
【歯医者という言葉で脅さない】
【歯医者という言葉で脅さない】

子どもを叱るとき、「歯医者へ連れていくよ!」などと悪い意味で引き合いに出さないでください。マイナスのイメージがついてしまいます。

【ウソをいわない】
【ウソをいわない】

歯医者へ連れていくとき「痛いことはしないよ」「診てもらうだけだよ」などと、正しくないことをいわないでください。子どもにも心の準備が必要です。

【機嫌のよい時間に予約を】
【機嫌のよい時間に予約を】

いつもお昼寝している時間や、おやつの時間などは、機嫌が悪くなりがちです。日ごろ落ち着いている時間を選んで、ご予約をお入れください。

歯医者では
【マイナスの言葉を出さない】
【マイナスの言葉を出さない】

お子さんが心配でも、「痛くない?」「怖くないからね」など、「痛い」「怖い」などのマイナスの言葉を出さないでください。お子さんの恐怖が増してしまいます。

【親御さんが緊張しないように】
【親御さんが緊張しないように】

親御さんが緊張していると、お子さんはそれをすぐに感じとり不安になってしまいます。来院されたら、まず親御さんがリラックスしてください。

治療後には
【たくさんほめてあげて】
【たくさんほめてあげて】

初めは泣いてしまうなど、うまく治療できないかもしれません。それでも決して叱らず、「がんばったね!」とたくさんほめてあげてください。次への自信となります。

歯を守る処置

ブラッシング指導
ブラッシング指導 子どものお口の中は、乳歯と永久歯が入り混じるなど、成長段階によって一人ひとり大きく異なるもの。そのときに合った正しいブラッシングを行うことが大切です。歯科衛生士が正しいみがき方を指導しますので、継続できるようご自宅でも見守ってあげてください。
フッ素塗布
フッ素塗布 虫歯菌に対する抵抗力を高めるとともに、歯の再石灰化を促す効果を持つフッ素。歯の表面に塗布することで、虫歯に強い歯にすることができます。またごく初期の虫歯であれば、これによって治癒が期待できるケースもあります。
シーラント
シーラント 初めて生える永久歯「6歳臼歯」などの奥歯は、複雑で深い溝を持つため、汚れが残って虫歯になりやすい歯。そこであらかじめその溝をレジン(歯科用プラスチック)で埋めてしまい、虫歯を予防する処置がシーラントです。

気になる歯並びは矯正できます

気になる歯並びは矯正できます

矯正治療は年齢を問わず受けることができる治療ですが、大人になってからの治療では、抜歯が必要になるケースも少なくありません。それに対し成長期にある子どものうちなら、自然な成長しようとする力を利用できるため、よりよい効果を得やすいというメリットがあります。

大切なのは、適したタイミングを逃さないこと。お子さんの歯並びに気になるところがある場合には、練馬区の歯医者、大泉学園三丁目歯科までお気軽にご相談ください。将来の歯並びによい影響をもたらせられるよう、早めの治療に努めましょう。

子どものうちに矯正をした方がいい理由

理由1
抜歯の確率を減らせる
理由2
顎の正しい成長バランスを導ける
成長期の力を利用し、顎の成長を促して歯が並ぶスペースを確保するといった治療ができることで、後に本格的な矯正治療を行う際の抜歯の確率を減らすことができます。 成長を見守りながら、歯並びを乱すクセを改善し、顎や顔の正しい成長バランスを導くことができます。それによって、顎関節症や、外科手術を伴う矯正治療を避けることができます。
理由3
お口の正しい機能をサポートできる
理由4
矯正治療の期間を短縮できる
指しゃぶり、頬づえ、舌癖(ぜつへき:歯並びを乱す悪い舌のクセ)などを早期に改善し、咀しゃくや呼吸、会話などの正しい機能をサポートします。 成長期において、顎の大きさ自体を広げる治療が可能になり、永久歯に生え替わってからの本格矯正において、治療期間を短縮することができます。

矯正方法紹介

当院では子ども矯正治療として、おもに床矯正(しょうきょうせい)とブラケット矯正を用いています。それぞれについてご紹介します。

床矯正
床矯正 床矯正とは、入れ歯のような取り外しができる器具を毎日一定時間お口に装着することで、歯が正しく並べるよう顎の大きさを広げていく治療法です。取り外せるため、食事やブラッシングも支障なく行えます。
ブラケット矯正
ブラケット矯正

歯の表面に小さなブラケットという装置を取り付け、そこにワイヤーを通して歯を正しい位置に移動させていきます。もっともポピュラーといえる治療法であり、子どもから大人までに対して行います。

ブラケットとワイヤーは、白く目立ちにくいものを選択することも可能です。

床矯正とブラケット矯正の比較
  床矯正 ブラケット矯正
メリット
  • 取り外せるため、食事やブラッシングに支障がない
  • 歯を抜かずに治療できる確率を高められる
  • 費用を抑えられる
  • 装置を固定するため、確実な効果を得やすい
  • 治療期間が比較的短い
デメリット
  • 自分の意思で装着を継続する必要があるため、それができていないと理想的な歯並びになれないこともある。
  • 目立つ
  • 取り外せないため汚れが残りがちになり、虫歯になりやすい

大泉学園三丁目歯科への ご予約はこちらから