インプラント治療

当院がインプラント治療を得意とする理由

当院がインプラント治療を得意とする理由

失った歯の機能を取り戻す治療では、従来は入れ歯が選ばれてきました。ただ、近年ではよりよい審美性や咬み心地を求める傾向にあり、大きく注目を集めているのがインプラント治療です。

こちらのページでは練馬区の歯医者「大泉学園三丁目歯科」がインプラント治療についてくわしくご紹介します。当院ではインプラントセンターを併設しており、高度な治療環境が整っています。歯を失ってお悩みの方は、お気軽に当院までご相談ください。

インプラント治療とは

インプラント治療とは

インプラント治療とは、インプラントと呼ばれる人工歯根を、歯を失った部分の顎の骨に埋め込み、上部に人工歯を装着して咬む機能を取り戻す治療です。素材には生体親和性の高いチタンが用いられているため適合がよく、また顎の骨としっかり結合する構造になっていることで、天然歯と変わらない咬み心地を手に入れることができます。

インプラント治療とは

また上部の人工歯はセラミックが使われるため、まわりの歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりになるのも特徴です。失った歯の箇所のみを治療するため、従来の部分入れ歯やブリッジなどのように、まわりの歯への負担もありません。機能性と審美性を兼ねそなえたインプラント治療は、ますます選ばれていく治療だといえるでしょう。

大泉学園三丁目歯科のインプラント治療

理事長はノーベルバイオケア社公認インストラクター
理事長はノーベルバイオケア社公認インストラクター

当院では、世界初のインプラントメーカー「ノーベルバイオケア社」のインプラントを採用しています。60万人以上に対する実績を持つ同社のインプラント品質は、世界でもっとも信頼されているといっても過言ではありません。

当院理事長は、このノーベルバイオケア社公認のインストラクターです。歯科医師に対して指導にあたることもできる知識と技術を兼ね備えています。そのため、高度なインプラント治療をご提供することができます。

インプラント治療に適した設備が充実
当院ではインプラント手術を専用に行う、インプラントセンターを備えています。専用のオペ室には、精密なインプラント治療を実現するための先端機器を備えるとともに、万全の衛生管理によって安全性の確保に努めています。 インプラント治療に適した設備が充実
骨が少ない方の治療にも対応が可能です

骨が少ない方の治療にも対応が可能です

インプラント治療を行うには、インプラントを埋め込むために顎の骨量が十分にあることが条件になります。そのため、「骨が少ない」ことを理由に、他院では治療を断られてしまうケースも少なくありません。

当院では、骨を再生させる治療を行うことによって、骨量が少ない方でもインプラント治療を受けることができます。断られてしまってもあきらめず、一度当院までご相談ください。こちらのページでは、当院で行っている骨再生治療をご紹介します。

サイナスリフト
不足した上顎の骨を再生させる治療法です。歯ぐきの側面から上顎洞(じょうがくどう)の底部分を持ち上げてスペースをつくり、自家骨や人工骨、骨補てん材などを入れて骨の再生を促します。
スプリットクレスト(歯槽堤分割拡大術)
薄くなった骨に切れ込みを入れ、徐々に骨幅を広げてインプラントを埋め込む治療法です。インプラントと骨の間には、自家骨や人工骨、骨補てん材などを入れます。
GBR
骨の厚みや高さが不足している場合に、自家骨や人工骨、骨補てん材などを入れて骨の再生を促す治療法です。
ソケットリフト
不足した上顎の骨を再生させる治療法です。インプラントを埋め込むためにあけた穴から、上顎洞の底部分を持ち上げてスペースをつくり、自家骨や人工骨、骨補てん材などを入れて骨の再生を促します。サイナスリフトより傷口が少なくて済みますが、骨を増やせる量が少ないため、より多くの骨量の再生が必要な場合にはサイナスリストを選択します。

インプラントを長持ちさせる秘訣

「インプラントを埋め込んだらその後も安心」ではありません。インプラントには、長持ちさせるためには3つの秘訣があります。以下の点に注意し、できるだけ長く使い続けましょう。

その1:メインテナンスをしっかりと
その1:メインテナンスをしっかりと

インプラント自体は人工物であるため、虫歯になることはありません。しかし、支えている歯ぐきや顎の骨は病気にかかるため、ケアを怠れば歯周病と同じ症状を持つ「インプラント周囲炎」を招いてしまいます。症状が悪化すると、インプラントは抜け落ちてしまいます。

埋め込んだ後には、毎日の正しいブラッシングに加え、歯科医院で専門的なメインテナンスを受け、インプラント周囲炎を防ぐことが大切なのです。

その2:圧力をかけすぎないこと
その2:圧力をかけすぎないこと インプラントには、天然歯のクッションの役目を持つ「歯根膜」がありません。そのため咬む力が強すぎると、顎の骨に直接圧力がかかり、インプラント周囲炎につながってしまいます。過度な圧力がかからないよう注意が必要です。
その3:咬み合わせ・固定度のチェックを
その3:咬み合わせ・固定度のチェックを

お口の中の状態は日々変化しているものです。そこで、定期的に咬み合わせやインプラントの固定度をチェックすることが必要です。

手術後1年間インプラントが安定していると、その後もよい状態を維持できる傾向があるといわれています。手術後は、とくに注意しましょう。

症例紹介

※見出しをクリックすると症例をご覧いただけます。

症例1(40代・女性)
  • 症例1(40代・女性)
  • 症例1(40代・女性)

左前歯を失い、機能の回復と前歯を白くしたいとのご要望で来院されました。左上の前歯としてインプラントを1本埋入し、隣の右上の前歯と合わせ、ジルコニアの被せ物を装着しました。(治療期間:6ヶ月)

症例2(70代・女性)

症例2(70代・女性)

  • 症例2(70代・女性)
  • 症例2(70代・女性)
  • 症例2(70代・女性)

過去の治療によるブリッジが脱落して来院されました。咬み合わせの回復と審美向上を希望され、上顎に8本、下顎の6本のインプラント治療を行いました。被せ物はすべてジルコニアです。

インプラント治療の前には、上顎の前歯の顎の骨が不足していたため骨移植を行い、左奥歯部分にもサイナスリフトを行いました。(治療期間:1年)

症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)
  • 症例3(70代・女性)

上顎にマグネットデンチャーを使用していましたが、より自然な咬み心地を得たいと、インプラント治療を希望されました。上顎にインプラントを8本埋め込み、インプラントブリッジにしました。(治療期間:1年)

症例4(50代・男性)

症例4(50代・男性)

  • 症例4(50代・男性)
  • 症例4(50代・男性)

入れ歯を外し、前歯の審美向上を希望して来院されました。左右の前歯4本の部分に3本のインプラントを埋め込み、ジルコニアのブリッジを装着。そして左上犬歯(天然歯)には、同じくジルコニアのクラウンを装着しました。(治療期間:8ヶ月)

症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)
  • 症例5(70代・女性)

入れ歯が動くので、動かないようにしてほしいとの希望で来院されました。既存の入れ歯を活用したいとのことだったので、2本のインプラントを埋め込むことで固定源とし、入れ歯を装着しました。(治療期間:3ヶ月)

※この治療法は、少ない本数のインプラントで、より効果的に治療をしたいという方にお勧めです。ただし入れ歯や骨、身体などの状態によって治療できないケースもありますので、まずはご相談ください。

症例6(40代・男性)
  • 症例6(45代・男性)
  • 症例6(45代・男性)

右下の歯の無い部分にインプラントを入れたい、という希望で来院されました。右下奥歯に2本のインプラントを埋め込み、術後のメインテナンスを考慮して、取り外し可能なスクリュータイプのセラミッククラウン(被せ物)を装着しました。(治療期間:3ヶ月)

大泉学園三丁目歯科への ご予約はこちらから